東京日々ネタ

エンタメからイベント情報まで、毎日を楽しくするメディア

日常の気になる

freedフルモデルチェンジ2015!VTECターボが熱い!

更新日:

freed
人気のミニバン「freed」がフルモデルチェンジ間近!
2015年に予定されているフルモデルチェンジ内容を、
いち早くご紹介していきます!

freedの立ち位置

フルモデルチェンジにフォーカスするにあたり、
まずはfreedの特徴を抑えておきましょう。
まずfreedは「プチミニバン」というジャンル。
プチミニバン特徴としては大きく3つあります。

1.車長や車幅がコンパクトカー並

fit3-1freed2
(左:fit/右:freed)
同社が発売する「fit」と大きさに大差ありません!
fitの車長は3.955m、車幅は1.695mに対し、
freedの車長は4.125m、車幅は1.695mとほぼ同等。
コンパクトカーと同じ感覚で運転出来る7人乗りのミニバンなのです。
もちろんミニバンらしく、車高はfreedのほうが20cm程度高いため、
広さを十分に感じられる作りとなっています。

2.税金もコンパクトカー並

自動車税は排気量に応じて決定されますが、
freedはコンパクトカーと同じ1500cc。
ミニバンなのにコンパクトカーと同じ税金で乗れるのです。

コンパクトカー並の大きさ、税金(維持費)、
そしてスライドドアが大きな特徴となるため、
子供連れに最適な車として人気が上昇しています。

気になるフルモデルチェンジ内容!

現行モデルでも十分な「freed」ですが、
登場から5年程経過しており、
フルモデルチェンジも秒読みとなっています。
このフルモデルチェンジのポイントをご紹介します1

燃費の大幅向上

一番のポイントとしてあげられるのが燃費。
今やコンパクトカー燃費は30km/L超えが当たり前になり、
もちろん「freed」も燃費改善してきます。

現行モデルのハイブリッドは21.6km/Lですが、
フルモデルチェンジ後は30km/L超えと予想されます。
ミニバンで30km/Lはもう脅威ですね(笑)

なぜ30km/Lが可能になるのか?
それはHondaが新しく開発したエンジンにあります。
直噴ガソリンターボエンジンである「VTEC TURBO」。
4131119b-03
簡単に言うとエンジンの排気量は小さくするけど、
ターボで馬力をあげるエンジンというイメージです。
エンジンの排気量が小さくなる分、
燃費も向上するという仕掛けです。

気になるフルモデルチェンジ時期は?

現行の「freed」は2014年4月にマイナーチェンジが施され、
いわゆる最後の売りさばき時期に入っています。
これが一段落ついた2015年〜2016年頃、
いよいよフルモデルチェンジ車が投入されると言えそうです。

現行freedに乗ってみる

2014年9月に今話題のカーシェアにもラインナップされました!
使う10分前に携帯で予約するだけだし、
保険代&ガソリン代込みで15分206円という使いやすさ!
週末だけ利用する方なんかにはオススメです!
私自身も週末6時間×4回、月に1万5000円程使っています。
自宅近くのカーシェアステーションをチェック!

こちらもよく読まれています

fit3マイナーチェンジ2015!内容と時期が明らかに!

test

test

-日常の気になる,
-

Copyright© 東京日々ネタ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.