東京日々ネタ

エンタメからイベント情報まで、毎日を楽しくするメディア

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿 エーデルワイス閉店の危機からの脱出

投稿日:

カンブリア宮殿 エーデルワイス
カンブリア宮殿で「エーデルワイス」創業者の比屋根毅さんが出演しました。
洋菓子だけで60年間経営をしてきた比屋根さん。
現在では8ブランドを展開し、経営も安定していますが、
開店直後はまったく客が集まらず、閉店を考えたこともありました。
15歳の時に単身で石垣島を飛び出した彼の、壮絶なドラマとは。

第一印象

司会者の村上龍さんが、比屋根龍さんの印象を語っています。
比屋根さんの行動は「一途」ということに集約されると言えます。

洋菓子との出会い

本を読んで世界各国を見て回りたいと思っていた比屋根さん。
15歳の時に石垣島を出て、那覇市へ飛び出しました。
17歳の時には夜間学校へ通うために洋菓子店でアルバイトをはじめ、
菓子作りの技術を磨いていきます。
インターネットのような情報網も無い中、
これをやる!と決めてすぐに行動をうつすところはたくましいです。

ついに自分のお店をオープンさせる

1966年に兵庫県尼崎市に洋菓子店をオープンさせました。
比屋根さんの年齢は29歳。長い道のりでした。

そう上手くはいかない

十数年の修行期間を経て開業させたお店でしたが、
お客さんが集まらずに経営は悪化。
お店を閉店させることを決意しました。
材料のストックで洋菓子を作り、近所に配ったところこれが好評。
何と翌日にはお店にお客さんが沢山押し寄せました。
当時は「洋菓子」というものに馴染みがなかったのでしょうか。
食べて美味しい!と感じ、そのリピーター達のおかげで、
現在の「エーデルワイス」があると言っても過言ではありません。

尼崎をスイーツの街に

最近、兵庫はスイーツの街と言われるようになってきました。
エーデルワイスは「SuperSweets in Amagasaki」というイベントを開催したり、
スイーツ産業で街を活性化させようと頑張っています。
ひとりの青年が思い描いた夢が、街を元気にさせる原動力となる。
エーデルワイスのケーキ、ぜひ一度食べてみたいですね。

test

test

-カンブリア宮殿
-,

Copyright© 東京日々ネタ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.