東京日々ネタ

エンタメからイベント情報まで、毎日を楽しくするメディア

映画の気になる

東京難民ネタバレ!映画で押さえたい3つのポイント

投稿日:

東京難民 ネタバレ

映画「東京難民」のあらすじと、
押さえておきたい3つのポイントをご紹介します!

明日は我が身?!
そう思わざるをえない内容。
2月22日(土)の公開を前に、
映画を楽しむためのちょっとしたネタバレをしていきます。

予告動画

公開されている予告動画。
いきなりズシンときます。

押さえたい3つのポイント

この映画の肝は、
「自分の身にも起こるかもしれない」ということ。

自分の生き方について、
考えるきっかけをくれます。

1.安定した生活は当たり前じゃない

主人公は時枝修(中村蒼)。
学業を頑張るというよりは、
遊んだり合コンしたりする、
ある意味一般的な大学生です。
しかし親が授業料を滞納し、
大学を除籍となってしまいます。

親が授業料を支払う、
時枝修は当たり前と思っていはず。
でもそれは当たり前ではなかった。

これを自分に置き換えた時、
ハッと思い当たることがあるのではないでしょうか。

2.世の中白いことばかりじゃない

時枝修(中村蒼)は大学除籍後、
バイトを転々とします。
途中、騙されて入店した
ホストクラブで高額請求をされ、
料金を支払えず、
そのホストクラブで働きます。
しかし裏側はドロドロの世界。
辞めるのにも苦労します。

いいことを見る姿勢は大事、
だけども黒い世界もあるのだと。
身近で起きていること、
見て見ぬふりをしていること、
ありませんか?

3.自分に置き換える

1と2のまとめとなりますが、
主人公を自分に置き換えた時を
一度イメージしてみてください。

自分の「今」は、
いったい何で成り立っているのか?
決して自分の力だけではないはず。
そういうことを考えていく中で、
感謝の気持ちが生まれると思います。

気付きを教えてくれる映画、
大切な人と見に行くと絆が深まるのではないでしょうか。

test

test

-映画の気になる
-,

Copyright© 東京日々ネタ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.